ブライダル業界の仕事の種類とお給料事情

ブライダル業界での就職希望者向けに仕事の種類とお給料事情を教えます!

プランナー系の仕事をしたい場合

学生や転職を目的に、ブライダル業界を志望する人はいるかもしれません。仕事内容や給料事情の確認を行い、自分に合うか否かの確認をしましょう。

業界の代名詞でもあり知名度も高いプランナーは、結婚式の企画演出を行う仕事です。親族や知人を集めて盛大に行う結婚式の形式だけでなく、近年では親族だけの縮小タイプや宗派のしきたりに沿った形式でする結婚式もあるようです。単に派手な演出をするのではなく、新郎新婦や出席者のニーズに合う形で進められるスキルは要ります。時には難しい案件も受けるかもしれません。その場合でも、可能な範囲で実現できるアイデアを出せるようにすればお客さんに満足感を与えやすくなるでしょう。

メイクアップアーティストや花の装飾で演出を行うフローリストのような、新郎新婦の見た目や式場の雰囲気を演出する仕事もあります。新郎新婦をより美しく見せるためのメイクや、来る人が喜ぶ空間設計ができるスキルも必要です。ブライダル系の専門学校を卒業以外に、時間を見つけて各種勉強をしている人は高い需要が見込めます。

派遣会社に登録をして、コンパニオンやカメラマン、ホールスタッフとして勤務をするのも可能です。自分の都合で働けるうえ、1回あたりの収入は安くない傾向にあります。人によっては、育児や他の仕事と両立も目指せるのもメリットの1つです。ただし、ブライダルの仕事は不定期であり、時には一か月以上仕事がない場合も想定されます。また、派遣会社に登録をしているケースなら様々な仕事の依頼を受けるケースがあり、ブライダル以外のスキルは必要となるかもしれません。